関連機器

初心者でも失敗しない!おすすめレンタルサーバー比較レビュー

スポンサードリンク





はじめてWordPressでホームページを作ろうと思った時にレンタルサーバーを借りたいけれど、どのサーバーを借りるのが一番なのか分からないという方は本当に多くいます。

 

私も始めたばかりの頃はつまづき、

「もし失敗したらどうしよう・・・」

「せっかく契約したのに微妙なところだったらどうしよう・・・」

と悩みながら各レンタルサーバー会社のホームページを行ったり来たりしていた記憶があります。

 

本日は当時の私のようにレンタルサーバー選びで迷っているあなたに長年レンタルサーバーを利用している私がおすすめのレンタルサーバーや、レンタルサーバーを選ぶ際のポイントなどを比較しながらレビューしていこうと思います。

 

初心者でも迷わないレンタルサーバーの選び方
ではさっそく、WordPressを利用するにあたって有利になるレンタルサーバー選びのポイントを紹介していこうと思います。

030
 
POINT①:サーバーのスペックをしっかりチェックする
一口にレンタルサーバーと言っても、価格やプランによっては多種多様な機能が備わっています。

WordPressを利用する上で見ておくべき部分は下記の3点になります。

 

point8_2MySQLは利用できるか

各レンタルサーバーのスペック表を見た時にこのMySQLというところが利用できるようになっているかどうか。

必ずチェックしておきましょう。

WordPressはhtmlサイトとは違い、動的なサイトとなります。

そのため動かすためにはデータベースが必須です。

そのデータベースが「MySQL」ということです。

ちなみに、あまりにも安すぎるプランであれば、ただのレンタルスペースというだけでMySQLが利用できないものもありますので、注意が必要です。


point8_2容量は5GB以上であるか

最近のレンタルサーバーは容量も大きくなってきております。

なので、少なくとも有料のサーバーであればここの部分に関してはクリア出来るかと思います。

もちろん、容量は多ければ多いほどいいです。

50GBくらいあれば、サイト運用の他にも自分で利用するためのクラウドスペースのようにも使えるので便利です。

後は利用するための価格との兼ね合いで決めるといいですね。

 

point8_2独自ドメインは利用可能か

独自ドメインが利用可能であるということは、自分専用のURLでサイトを作れるということです。

せっかくレンタルサーバーを借りるのであれば、自分専用のドメインを持ちたいところですね。

また、独自ドメインを持っていれば、万が一サーバーのお引っ越しすることになってもURLは変わらないので、非常に便利です。

ドメインの取得方法については下記の記事にまとめてありますので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

参照:ドメインの取得方法について

 

 
POINT②:WordPress自動インストール機能はついているか
レンタルサーバー選びで次に重視したいのは「WordPressの自動インストール機能」がついているかどうかです。

この機能がなくても、もちろんWordPressを手動でインストールすることは可能です。

しかし、それだとFTPの設定などもありますので、パソコンやインターネットをある程度使い慣れていないと少し敷居が高くなってしまいます。

ただ、FTPでのデータ転送は後々サイト制作をしていく上で必要になってくるので覚えておくにこしたことはありません。

FTPの設定やデータ転送に関しては別途記事を用意しているので、こちらを参考にしてみてください。

参考:FFFTPでサーバーにデータを転送する方法

 

 

少し話がそれましたが、WordPress自動インストール機能があると、このような知識が全くなくとも、ほとんど画面にしたがってクリックしていくような単純な作業だけでインストール出来てしまいます。

それもたったの数秒で。

今まで手動でインストールしてきた人にとってはあの手間と苦労はなんだったんだ・・・というくらい簡単です。

なのでレンタルサーバーを選ぶときは初心者であるほどWordPress自動インストール機能がついているところを選ぶように心がけましょう。

自動インストールを使って実際にWordPressをインストールする方法は下記動画でも解説しておりますので、よかったらこちらも御覧くださいね。


 
POINT③:運営会社の知名度はあるか
これはカタログ上のスペックでは見えない部分ですが、それだけに大切なところです。

実はカタログ上は「格安」や「ハイスペック」を謳っているレンタルサーバーもありますが、それはただのカタログスペックにすぎず、実際に利用してみるとすぐにサーバーがダウンしてしまったり、読み込みが遅かったりして悲しい思いをすることもよくあります。

なので、実際に契約する前にやった方がいいのはその運営会社のサービスの利用者は多いのかどうか。

また、こういった記事のような実際にすでに利用している人の生の声を聞いてみるのもとても参考になると思います。

目安として見ていただきたいのはあまり極端に低価格でその割にハイスペックすぎるものは注意が必要なので、他の利用者の声などもしっかり見ていってカタログスペックとくらべて実際のところはどうなのか見極めるのがベストかと思います。

 
POINT④:月額利用料は低額か
最後のポイントは「月額利用料」が低額かどうかということです。

POINT③のところであまりにも安すぎるのは注意が必要と話しました。

それはもちろんその通りなのですがだからと言って月額が高ければいいというわけでもないですよね。

月額は出来る限り安く抑えて、その上で自分の利用用途に合わせて快適に使えるかどうかが大切です。

 

レンタルサーバーを借りる場合のコストとしては初期費用や、その後の月額料金がかかるのが普通です。

 

また、独自ドメインを利用するのであればドメインの料金として年間1000〜2000円程度はかかります。

レンタルサーバー借りる際の料金の目安としては下記のような形となります。

 

・個人ブログとして1サイトのみの利用の場合は、月300円程度

・複数の個人ブログ(2〜3サイト)を利用したい場合、月額500〜1000円程度

・本格的なサイト運営を行っていく場合、月額1000〜1500円程度

 

以上がレンタルサーバーを選ぶ際の利用料の目安となります。

この目安からあまりにもかけ離れているものであれば、「本当に大丈夫か」ということをよく調べた上で検討してみるのが良いかと思います。

 
初心者でも簡単に使えるおすすめのレンタルサーバー
ここまでレンタルサーバー選びについてのポイントをいくつがご紹介してきましたが、それらの条件をすべて満たしており、初心者でも使いやすいサーバーを2つご紹介しようと思います。

数多くのレンタルサーバーを実際に借りてきた中でも特によかったもののになりますので、参考になるかと思います。

 

tnsロリポップ!(ロリポプラン&チカッパプラン)
スクリーンショット 2014-08-05 16.26.31 月額料金 初期費用 容量 データベース
250円(税抜) 無料 50GB MySQL
マルチドメイン お試し期間 FTPツール 自動インストール
50個 10日間 ○:対応 ○:対応
tnm2ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップは知名度も抜群に高く価格もかなりお手頃です。

それでいて全体的に初心者を意識した作りになっているので老若男女だれでも利用しやすい管理画面となっています。

公式サイトにもたくさんマニュアルはありますので、そこで学べることも多いです。

そして醍醐味とも言えるのは利用者が多いのもあって、何かわからないことや困ったことがあった時に「検索」すれば大抵のことは解決出来てしまうということです。

利用者が少ないサーバーでトラブルがあったら調べても解決方法が見つからいということもよくありますから、こういうところは初心者にとって非常にありがたいところですよね。

ちなみにプランは月250円のロリポプランと月500円のチカッパプランのどちらかを用途に合わせて選ぶようにしましょう。

コロリポプランは月100円で10GBとなっておりますが、「データベース(MySQL)」が使えないのでWordPressがそもそも利用できませのでご注意ください。

はじめてのホームページ作りとしてとりあえず試しに1つホームページを作ってみようというのであればロリポプランでもいいですし、将来を見越して本格的に何サイトも運営していこうと思うならチカッパプランがおすすめです。

 


tnm2申し込み方法の解説記事はこちらです。

 


tnsエックスサーバー(X10プラン)
スクリーンショット 2014-08-05 16.55.17 月額料金 初期費用 容量 データベース
1200円(税抜) 3000円(税抜) 50GB MySQL
マルチドメイン お試し期間 FTPツール 自動インストール
無制限 10日間 ○:対応 ○:対応
tnm2エックスサーバーの公式サイトはこちら

さらに本格的にWordPressでのサイト運営を行っていきたいという場合や、ビジネスとして商用利用していきたい場合にはこちらがオススメです。

ロリポップと同じように利用者の数もかなり多いので安心して使っていくことができます。

月額は1200円とロリポップと比べると少し高めになっておりますが、回線の安定性やセキュリティの充実度合いなども考慮するとそれ以上の価値は十分にあると思います。

この快適性は1000円以下のサーバーでは実現できないものです。

バックアップ機能をはじめとした多種多様な機能や、困ったときの電話サポートなども充実しています。

少し高くてもハイスペックと安心を同時に手に入れたいのであばオススメなサーバーです。

 

tnm2エックスサーバーの公式サイトはこちら

 
 リツイートを超効率的にできるツールを無料でプレゼント中
記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

今回この記事を読んで頂いているあなた限定でこのリツイートを超効率的にできるTwitterツールを「無料」でプレゼントしようと思います。

集客にも非常に役立つツールとなっております。

完全に無料で使えるツールなので、よかったら受け取ってくださいね。

ツールは下記画像のリンク先から入手できます。

トレンドリツイートバナー

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ