関連機器

ブログ記事では同じ単語を連呼は避けるべき?

スポンサードリンク






 

ブログ記事を書いている時に同じ単語を連呼してしまったりしていないでしょうか。

特に意識していない場合は、ついついやってしまいがちですね。

実はそれは結構もったいないことをしていることになります。

ではどうすればもっと効果的なのか。

実際に例をあげながらみていきましょう。

C778_iphoneijiru500-thumb-500xauto-2455
 

 

 

 

 

 

ホワイトボードに書くための「ペン」が欲しい場合
 

この場合GoogleやYahooでなんと検索しますでしょうか。

・ホワイトボード用 ペン
・マーカー
・ホワイトボード マジック
・ホワイトボードマーカー

などなど人によって検索する単語は様々です。

例えば、そのマーカーを自分のホームページで販売したりする場合に、「マーカー」という同じ単語のみを使って記事を書いてしまうと、それ以外の単語で検索しているユーザーを取り逃してしまうことになりかねません。

例えば、「マーカー」のみで記事を書いていた場合は、「ホワイトボード用 ペン」で検索してきた人の検索結果には表示されにくいですよね。

記事内に一つも書いていない単語で検索に引っかかる可能性はかなり低いです。

「マーカー」で検索してくる人にはアプローチできても、それ以外の単語で検索してきた人まで拾うことが出来ないわけです。

なので、この場合は商品の説明でもなんでも結構なので、「マーカー」を別の言い方で検索されることも想定してその単語を記事内に含めておくほうが効果的です。

           

   

まとめ

 記事を書くときに、何か紹介したい商品が1つあったとします。

その時は、商品名を連呼するのではなく、「もしかしたらこのキーワードで検索されるかもしれない」と思う単語を不自然にならないように自然に記事内に含めるようにしていきましょう。

あまり不自然な文章になってしまうと、スパムと認定されてしまう可能性もあるのであくまで自然な文章になるように心がけます。

そうすることで、様々なワードで検索してくるユーザー全員をなるべく取り逃がさずにサイトに誘導できるようになります。

特定の商品を買いたいと思っている人全員がその商品の正式名称を知っているわけではありません。

なので、「その商品名や単語を知らないとしたら何と検索するだろうか」ということを自分で考えてみて、その単語を含めて記事を書いてみるとより効果的かと思います。    

ブログやWEBサイトを作っている方や、これから作ってみたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。    

   

WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?


TOPICS用バナーのコピー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ