関連機器

スマートフォンを意識したWEBサイトを作ろう

スポンサードリンク







 

最近はWEBページを見るときはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などで見る機会もかなり増えてきていると思います。

スマホやタブレットでサイトを閲覧するときに表示が崩れていたりしたら、閲覧する側としてもがっかりしてしまいますよね。

また、自分がサイトを作るのであればどの端末で見ても表示が崩れないようにしておけば誰がどんな時に見ても快適なサイトを提供することが出来ます。

093
 

 

 

 

 

 

 

パソコン画面とスマートフォン画面の違い
スマホが主流になる前のガラケーは画面がかなり小さかったので、そもそも表示できるWEBページにも限りがありました。

しかし、スマートフォンであれば、パソコン向けのサイトでもそのまま表示することが可能です。

ただし、ガラケーよりは画面が大きいとはいえ、パソコンと比べるとかなり小さいですし、画面をタッチして操作するスマートフォンでは操作面でもパソコンとは大きく違います

なので、パソコン向けのサイトをそのまま表示しても「文字が小さすぎて」読みづらいこともあります。

また、「ページの一部しか表示されない」こともありますし、リンクを押すと隣のリンクが反応してしまったりということもあります。

 

 

C777_iphonewomiserukoibito500-thumb-500xauto-2357
 

 

 

 

 

 

 

 
スマートフォンやタブレットで見やすい表示とは
とはいえ、スマートフォンを使って何か検索をしてサイトを見たりしていて、「見づらい」と思うことはあまりないのではないでしょうか。

それはサイト制作側がスマートフォンで表示しても見やすく表示されるように工夫しているからです。

1つのWEBページを、表示するデバイスによって切り替えてそれぞれのデバイスで最適に表示させることを「レスポンシブ・ウェブデザイン」といいます。

レスポンシブウェブデザインは1つのページデザインを多くのデバイスに対応させることができるのでデザインを修正するときは1つのファイルを変更するだけで出来ます。

なので、サイト運営の手間もかなり軽減されます。

WordPressではレスポンシブウェブデザインに初めから対応しているテーマもあります。

そういったテーマを使っていけば、管理画面での簡単な設定のみで、スマートフォンやタブレットで表示する際に最適なレイアウトで表示させることが出来ます。

 

ちなみに下記の記事で紹介しているテンプレートであれば、すべてレスポンシブウェブデザイン に対応しているので、簡単に誰もが見やすいサイトを作ることが可能です。

参照:WordPressおすすめテンプレート一覧

 

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ