関連機器

WordPressの便利なところ〜HTMLサイトとの違い編〜

スポンサードリンク







 

WordPressはWEBサイトの構築と運用のハードルと手間を大きく下げてくれるソフトウェアです。

ただし、WordPressも何でもかんでも楽々できるような魔法のソフトウェアではありません。

トラブルを避けて、効率的に運用していくためにWordPressがWEBサイトを構築する仕組みを簡単にでもいいので知っておきましょう。

 

029

 

 


 

WordPressはサイトの更新をブログ感覚でできる
WordPressを利用しない一般的なWEBサイトは、そのページごとに表示内容が書かれている「HTMLファイル」と呼ばれるファイルを用意して、それをWEBサーバー上にアップロードすることで構成されています。

 

ユーザーが使っているブラウザは、このHTMLファイル(その他、画像ファイルなども)読み込んで表示しています。

 

その一方、WordPressを使ったサイトでは、ページ単位で固定的なHTMLファイルを用意しているのではなく、サイトへアクセスするたびに、毎回WEBページを作っているデザインのファイルとページごとの文章や画像などを組み合わせてプログラムがHTMLを作成し、ユーザーのブラウザに表示させています。

 

なので、管理画面からサイトを更新をすると、その内容がすぐに実際のWEBサイトに反映されるということになります。

 

実際にそれがどういうメリットになるのか。

 

例えば、すでに公開済みのWEBサイトのサイトタイトルを変更するとします。

 

WordPressなどのCMSを使わない単純なWEBサイトの場合は、「すべてのWEBページ分のHTMLファイルを書き換えてアップロードし直す」という作業が必要になってきます。

 

まぁ、一括置換などを駆使すればそこまで大変な作業にはならないかもしれないですが、それでも多少面倒であることには変わりないですよね。

 

その一方、WordPressで作成したサイトの場合は、管理画面からサイト名を変更すればそれだけですべてのページにちゃんと新しい名前が反映されます。

 

サイトのちょっとした修正はもちろん、サイト全体に関わるような修正も比較的簡単に行うことができるのが大きなメリットになりますね。

 

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ