関連機器

FFFTPでサーバーへデータを転送する方法

スポンサードリンク






 

FFFTPはインターネット上のサーバーにデータをアップロードしたり、

ダウンロードするための無料ソフトウェアです。

 

WordPressでサイトを作る際にはロリポップなどのレンタルサーバーを利用すると思います。

そのレンタルサーバーにファイルをアップロードしておくことで、様々な用途で使うことができます。

例えば、読者に配布したいPDFなどをサーバーに置いておけば、そのURLを伝えることで、簡単に配布することも可能となります。

自分用のクラウドストレージのように使うことも可能です。

今回はFFFTPの設定と使い方を解説していきます。

 

FFFTPの設定方法
1.まずはFFFTPのソフトウェア本体をダウンロードします。

下記サイトより無料でダウンロードすることが出来ます。

参照:FFFTP ダウンロード(窓の杜)

0ffftp
 

 

 

 

ダウンロードが終わったらインストールを完了させましょう。

 

2.FFFTPにサーバーの情報を設定します。

FFFTPに、利用中のサーバーの情報を設定することで、FFFTPから直接サーバーにアクセスできるようになります。

当サイトで推奨しているロリポップの場合で解説します。

参照:ロリポップ!レンタルサーバーの契約方法の解説

 

Ⅰ.ロリポップで契約をすると「ロリポップ!】お申込み完了のお知らせ」という件名でメールが届きます。

loli
 

 

 

 

その中の上記部分を設定していくことになります。

Ⅱ.FFFTPを起動し、「新規ホスト」をクリックします。

スクリーンショット 2014-06-24 22.17.38
 

 

 

 

 

 

 

Ⅲ.必要事項を各項目に入力していきます、

以下の画面にレンタルサーバーの情報を入力していきます。

スクリーンショット 2014-06-24 22.19.26
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ホストの設定名:こちらはFFFTPにおける名前ですので、自分の管理しやすい好きな名前を設定しましょう。

・ホスト名(アドレス):メールで送られてきた「FTPSサーバー」。※画像②

・ユーザー名:メールで送られてきた「FTPアカウント」。※画像③

・パスワード:メールで送られてきた「FTPパスワード」。※画像④

これらを設定し、「OK」とすることで設定は完了になります。

 
FFFTPの使用方法
FFFTPは、一般的な使用方法としてはサーバー上にファイルを転送する際に使用します。

例えば、こちらをクリックしてみて下さい。

ブックカバーの画像が表示された方と思います。

これはこの画像ファイルを直接サーバーにアップロードして表示させています。

また、WordPressのプラグインをカスタムする際に使う場合もあります。

 
FFFTPでファイルをアップロードする方法
サーバーに接続すると、下記のような画面になります。

スクリーンショット 2014-06-24 22.39.31
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面の左側がローカル、右側がサーバーとなります。

左側の窓から右側にファイルを直接ドラッグドロップして転送することが可能です。

また、左側の窓とは全く関係なくウィンドウズで開いているフォルダからも直接右側にドラッグすることで転送することも可能です。

 

右クリックすることでフォルダを作ることもできます。

サーバー側で「present」というフォルダを作ったとします。

そしてその中に「test.jpg」画像ファイルを入れたとします。

 

そうすると、その画像を表示するためのURLは下記のようになります。

「http://ドメイン名/present/test.jpg」

 

この仕組みを理解しておけば、ファイルを他人に配布したりするときにも有効的に使うことが可能となります。

 
まとめ
FFFTPはファイル転送ソフトとして最も使いやすいソフトです。

サーバーを管理する観点からもサイトを運営するには必須のソフトです。

ファイルのアップロードはもちろん、HTMLで制作したサイトのアップロードも可能です。

ぜひ基本だけでもマスターしてみて下さいね。

ちなみにMacの場合はFilezillaというソフトが近いソフトにあたるようです。

Macのみで運用している人はFilezillaを導入してみるといいですね。

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ