関連機器

WordPressにおける適切なパーマリンクの設定

スポンサードリンク






 

サイトを制作する上では当然ですが、それぞれの記事ごとにURLが存在します。

パーマリンクを設定しておくことで、その記事ごとのURLを最適化することが可能になります。

 

パーマリンクの意義とは
WordPressはデフォルトの状態では、記事をあげると

「http://kazumasa-watanabe.com/?p=123」のようなURLとなります。

ここの「?p=123」の箇所がパーマリンクの設定箇所となります。

 

このままでも大きな問題があるわけではありません。

しかし、見た目がよくないことと、SEO上効果のある設定もあります。

今回はそちらについて解説していきます。

 
パーマリンクの設定方法
パーマリンクの設定は以下のように行っていきます。

「ダッシュボード」→「設定」→「パーマリンク」から行います。

 

以下が該当の画面となります。

スクリーンショット 2014-06-19 1.26.28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでデフォルトの設定か、自分でカスタマイズしたものかを選択することができます。

 
推奨の設定について
 

カスタム構造として以下に変更することを推奨します。

「/%post_id%.html」

こちらに設定しておくと、記事を更新するたびに面倒なスラッグの変更も不要なので、後々の運用が楽になります。

 
パーマリンク設定時の注意点について
パーマリンクの設定を行うと、記事のURL自体が変更されます。

そのため、運営してしばらくたっているサイトのパーマリンクの設定を変更すると、以下のようなデメリットが発生します。

 

『変更前にもらっていた外部リンクが外れる』

『内部リンクも崩れるため、リンクの再設定が必要』

 

ページの数が多いサイトであればあるほど、対応が非常に大変になってきます。

その場合は、もう今制作しているサイトは現状のままの運用として、

次回別のサイトを作るときには、最初からパーマリンクを設定することを念頭において作り始めるようにするとよいでしょう。

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ