関連機器

SEO対策に最適なサイトタイトル&メタディスクリプションの設定について

スポンサードリンク






 

独自ドメインを使ってWordPress(ワードプレス)のサイトを制作していくには、以下の項目を適切に設定しておくことはSEOを考慮する上でかなり重要になってきます。

 

  • サイトタイトル
  • メタディスクリプション
  • サイトのキーワード
 

これらはワードプレスのダッシュボードから簡単に設定することが出来ます。
サイトのタイトル・メタディスクリプションの設定
設定方法はダッシュボードの「設定」より行っていきます。

「設定」→「一般設定」に移動すると以下のような画面が表示されます。
イメージ005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの「サイト名」がサイトのタイトルになります。

そして、その下の「キャッチフレーズ」がメタディスクリプションとなります。

 

※メタディスクリプションとは・・・

Googleなどの検索エンジンを使って検索した際に、一覧表示される表示結果のそれぞれにページの下に表示されている概要がメタディスクリプションにあたります。

ようは、一目でそのサイトに飛ばなくても概要がわかるようなテキスト情報です。

メタディスクリプションを正しく設定しても、検索順位などには違いはありませんが、「クリック率」上げる効果は期待できます。

検索ユーザーが望んでいるサイトかどうかを一覧上で把握できるため、知りたいと思う内容がメタディスクリプションに記載されていると自然とクリックされる可能性が高くなります。

 

サイトのタイトルを決める基準
  1. 24文字くらいがベスト(最長でも32文字以内が望ましい)
  2. 重要なキーワードは左側に配置する(SEO上左側の方が強いため)
  3. 余計なキーワードは入れないようにする
  4. タイトル内で重複したキーワードを入れないようにする
  5. タイトルに記号は含めないようにする
 

※記号は検索上では意味の無い文字とされるので、SEO対策上プラスの要因にはなり得ません。

 

メタディスクリプションを決める基準
  1. サイトの内容に沿った内容で約80〜100文字以内を目安に設定する。
  2. 単語の羅列などは避け、文章として正しいものを記載する。
  3. 重要なワードは左側に持ってくる
  4. 重複したキーワードを使用しない
  5. 記号は極力使わない
 

これらを設定して、「変更を保存」すれば完了となります。

 
キーワードの設定
メタキーワードは、サイト側が設定しているキーワードに関連しているサイトであることを検索エンジンに伝える役割があります。

 

メタキーワードの設定方法

メタキーワードの設定は使用しているワードプレスのテンプレートによって異なってきます。

基本的には以下のように設定します。

 

ダッシュボードの「外観」→「テーマ編集」→「header.php」を選択します

表示されるソースコードの<head>~</head>の中に記載します。

<meta name=”keywords” content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3” />

 

また「賢威」のテンプレートを使用している場合は、「賢威の設定」→「サイト共通のメタキーワード」から設定が可能です。

 

メタキーワードの決め方
  1. タイトルの検索に表示したいキーワードを含めるようにする
  2. ディスクリプションや記事のテキストに含まれるキーワードにする
  3. 数は3個から多くて5個までにする(多すぎると逆効果)
  4. キーワードの重複は避ける
 

以上でキーワードの設定は完了となります。

 

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?

TOPICS用バナーのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ