関連機器

魅力的なランディングページでユーザーを自分のサイトへ取り込もう

スポンサードリンク





検索からサイトに入ってきて、最初に訪問するWebページのことを「ランディングページ」と呼びます。

これは「着地」という意味になります。

よく1枚ペラで文字がずらっと並んでおり、メールアドレスを入力するページがありますが、

あれもランディングページと言います。

しかし、広い意味では「最初に訪問したWEBページ」のことを言うんです。

ランディングページはユーザーにとっては最初の窓口ともなるページなので、第1印象を決めるうえでも非常に重要です。

いかにして自分のサイトにユーザーを引き込むかの第1関門になってきます。

 

<LPOとは>

「LPO」(Landing Page Optimizatioin)はランディングページを最適化するマーケティング手法です。

といってもこれだけだと、はじめての人はさっぱりわからないですよね。

そもそも最適化するランディングページとは何なのか。

それはユーザーが最初に着陸するページ。

つまりはサイトの入り口となるページのことです。

ランディングページを最適化するのは非常に重要です。

YahooやGoogleの検索結果から、意図にあうページに訪問したはいいものの、

目的の情報が見つからないので、すぐにそのページから離脱してしまうことはよくあると思います。

せっかく来てくれたユーザーの欲求を解決する内容の情報や商品を提供しているにもかかわらず、見てもらえない。

それでは何のためにSEOに力を入れたり、広告に資金を投入して見込み客を集めているのかわからない状態になってしまいます。

ユーザーが直帰してしまうのを防ぐためにもLPOを意識したページ作りが必要になってきます。

 

<ランディングページの設定>

LPOを意識するうえで、現在のサイトのどこをサイトの玄関として使うのかを考える必要があります。

例えば、「東京 スイーツ」というキーワードでユーザーを取り込む場合、ランディングページはサイト全体のトップページがいいのか。

またはサイト内のスイーツ情報のトップページがいいのか。

ユーザーのニーズに応じて適切なページを見せる必要があります。

広告の受け皿としてWEBページを設定するのであれば、その広告にマッチしたページを用意することが大切です。

こういった対策を講じておけば、すぐに直帰してしまう確立が減ってきます。

banner2
 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ