関連機器

SEO集客を意識したサイト制作におけるキーワードの選定基準

スポンサードリンク





『サイト制作におけるキーワードの選定基準』



サイトを作っていく上で大切な「キーワードの選定基準」についてご紹介していきます。



SEOは基本的に「新規のお客様」を獲得するためのマーケティングです。



まずは、サイトを通した向こう側にはどんな人がいるのか。



どんな人がサイトに来てくれたら行動をおこしてくれるのか。



といった、ターゲットとなる訪問者について理解を深めることが成長への第1歩となります。



≪訪問してほしいのはどんな人か»



例えば「靴」サイトを作る場合は、「レインブーツ」は女性向けのキーワードになります。



そして「長靴」などが男性向けのキーワードとなります。



性別によっても使う言葉が異なります。



また、「スパッツ」というキーワードの場合はスポーツが主な目的と考えられますが、「レギンス」はおしゃれが目的と考えられます。



サイトで扱う情報やサービス、商品にどんな訪問者がマッチするのか。



自分のサイトの向こうにはどんな人がいるのかを想定したうえでキーワードを選定する必要があります。





≪ターゲットとなる訪問者を書き出す≫



実際にターゲットとする訪問者を決めたら、「分析」をしていきましょう。



分析は、訪問者の目的や検索行動をあらかじめ想定して、表に書き出して行きます。



まずはターゲットの性別と年齢層を書き出します。



男性なのか。女性なのか。



それとも男女なのか。



年齢層は何さいくらいの人なのか。



訪問者の層は広すぎず狭すぎず決めていきます。





ある程度ターゲット層が決まってきたら、



「どんなキーワードで検索するだろうか」ということをイメージします。



例えば、「行きたいエリアが決まっているのであれば、駅の名前や市町村の名前で検索するだろう」



といった具合ですね。





まず訪問者の目的とキーワードをセットとして、表に書き出しておくと後々のサイト作りに非常に役立ちます。
私のWordPress実践型無料講座も公開中です。
⇒詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ