関連機器

SEO対策としてのキーワード選びと検索の濃さについて

スポンサードリンク





『SEO対策としてのキーワード選びと検索の濃さについて』

 

アクセスを集めるためには、

とあるキーワードで検索されたときに

上位に表示されなければいけません。

検索ボリュームと呼ばれる、どのくらい検索されているのか

という検索回数はもちろん大切です。

 

しかし、それ以上に訪問者のキーワードで

「濃い」キーワードを考える必要があります。

 

・キーワードによって目的達成の度合いが変わる

 

例えば、プリンをネットショップで販売しているとします。

そこで1番人気のオススメは「豆乳プリン」です。

もし、「プリン」と検索されて、そのサイトがヒットしたらどうでしょう。

 

検索した人は購入してくれるでしょうか。

購入してくれる可能性も十分にあるでしょう。

それでは、「豆乳プリン」ではどうでしょう。

 

これも、お店の1番人気商品を検索しているわけなので、

購入してくれる可能性が高そうです。

 

では、「豆乳プリン 作り方」で検索されて、サイトに訪問した人は

どうなるでしょうか。

 

作り方を知りたくて検索しているのですから、

おそらく購入はしないでしょう。

 

最後に、「豆乳プリン 取り寄せ」はどうでしょう。

これだと購入してくれる可能性はかなり高そうですね。

 

このような形で、どういったキーワードで検索されたかで、

目的の達成率は変わってくるのです。

 

・「濃い」キーワードとは

 

使うキーワードによって、

サイトとしての目的を達成してくれる可能性は変わってきます。

 

先ほども例としてだした、「豆乳プリン 取り寄せ」は

豆乳プリンを商品として販売している

サイトとしてはその目的を達成してくれる可能性が高い

「濃い」キーワードだといえます。

 

反対に、「プリン」だけで検索している人は、

「プリン」を買おうと思っている人以外にも

「プリンの作り方」などを探している人も含まれているわけです。

これだと、キーワードとしては「薄い」んです。

 

検索経由で新しい顧客となる人を獲得するには、

「濃いキーワード」を選んで、

使っていくことが重要になってきます。

 

私の無料メルマガではここでは話せない貴重な情報をお届けしています。

もしよろしければ、こちらも合わせて読んでみて下さいね。

私の無料メルマガではここでは話せない貴重な情報をお届けしています。

もしよろしければ、こちらも合わせて読んでみて下さいね。

 

メルマガ登録・解除
 

記事が参考になりましたら「いいね!」や「クリック」お願いします♬

 

 

 



人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ