関連機器

訪問者のことを考えたSEO対策としてのキーワード選定

スポンサードリンク





『訪問者のことを考えたSEO対策としてのキーワード選定』
あなたのWEBサイトに来た訪問者に何かしらの行動を起こしてもらうには、

訪問者の目的に合わせて、入力されたキーワードでサイトがヒットする必要があります。

 

それでは、訪問者が入力するキーワードとは一体どんなものなのか。

ビジネスでお客様のご要望を知るということが必須であるのと同じで、

SEOでは訪問者のキーワードを知ることで、その効果を最大限にすることが出来ます。

 

『訪問者の検索ワードを想定する』

WEBサイトを作る際、自分の思いを込めて愛称をつけたり、

聞こえのいい言葉を使ったりしてはいないでしょうか。

 

訪問する人はあなたが決めた愛称や、聞こえのいい言葉で検索することはありません。

わかりやすいように、一例を出してみます。

例えば、とれたての新鮮な卵から作られたプリンの記事を書くとします。

 

思わず「新鮮なプリンを頂きました♪」なんてタイトルで記事を書いてしまいそうです。

その中であげるとすれば「新鮮」と「プリン」がキーワードになりそうですね。

 

それで書いてしまう前に、Googleで「プリン し」と一度入力してみて下さい。

オートコンプリートで補完される候補に着目してみると、

ある程度は検索されているかどうかがわかります。

 

補完される候補の中に「プリン 新鮮」はあるでしょうか。

また、その反対に、「新鮮 ぷ」と入力した場合は、

「新鮮 プリン」はありますでしょうか。」

ないですよね。

 

といことは、そのワードで検索してくる人はほとんどいないということです。

記事やタイトルのキーワードには検索ボリュームがある程度はあり、

訪問者の気持ちが表れているものを使うとより効果的です。

 

私の無料メルマガではここでは話せない貴重な情報をお届けしています。

もしよろしければ、こちらも合わせて読んでみて下さいね。

 

記事が参考になりましたら「いいね!」や「クリック」お願いします♬

 

 



人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ