関連機器

検索エンジンの仕組みを理解しよう

スポンサードリンク





検索エンジンの仕組みを理解しよう

 

検索エンジンは訪問者の目的に合ったサイトを探してくれるサービスです。

実は検索エンジンは非常に多くのサーバーを世界中のデータセンターに置いて、それらを連携させることでそれらをリストアップしています。

検索エンジンの仕組みを理解しておくと、SEOに対する理解も深まるので、ご紹介していきます。

 
【主要な3つの検索エンジン】

日本で主に利用されている検索エンジンはGoogle,Yahoo,Bingと3つあります。

それぞれ運営している会社が異なります。

ちなみにYahooはGoogleのサーバーを活用しているので検索結果はGoogleと非常に似ています。

また、スマホの検索はiPhoneとAndoroidはどちらもGoogleの検索結果を表示しており、WindowsPhoneはBingの検索結果を表示しております。

 

【検索結果が表示される仕組み】

検索エンジン会社は「クローラー」と呼ばれるシステムを持っています。

クローラーが世界中のサイトを自動的にチェックして回っているのです。

1ページだけのペラサイトから数千万ページもある巨大サイトまで、クローラーリンクをたどりながら隅々まで見て、「キャッシュ」として保存しています。

キャッシュとは検索結果を表示するための検索エンジンが保存するデータのことです。

 

【検索結果は整理されたページの情報から瞬時に探し出される】

クローラーが集めてきたページは、その内容を単語ごとにバラバラにして分析されます。

そして、そのページが「何について書かれているのか」、「どんなキーワードを含んでいるのか」「どこからリンクされ、どこにリンクしているのか」などで総合的に評価され、データベース化されます。

この処理のことを「インデックス」と呼びます。

訪問者がキーワードを入力すると、検索エンジンはその瞬間にそのキーワードに合ったサイトを探し出し、訪問者の目的に近いと思われる順番に並べ替えて表示します。

ということは、自分のサイトが上位に表示されるにはまずは自分のサイトが検索エンジンにインデックスされる必要があるということです。

 

検索エンジンSEO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ