関連機器

サイト作りの基本-訪問者の目的と検索の理由を知ろう-

スポンサードリンク





サイト作りの基本-訪問者の目的と検索の理由を知ろう-

 

インターネットで集客をするといっても、基本的に考え方はチラシを配るのと同じです。

例えば札幌にあるスープカレー屋さんはどこでチラシを渡せばお店に来てもらえるでしょうか。

札幌駅の周辺なんかだと効果がありそうですね。

しかし、大阪駅ではどうでしょう。

遠すぎてこれではダメですね。

SEOの観点でもここは同じです。

 

≪訪問者の目的を考えてサイトタイトルを考える≫

例えば札幌にあるスープカレー屋さんの集客チラシを札幌駅周辺で配るとしたら、チラシを作る上で強調するべき点はどこでしょうか。

「札幌の」「スープカレー」「オススメ」などでしょうか。

自分のサイトを作る場合は、まずはどんな目的を持った人に来てほしいのかを書き出してみると良いでしょう。

そして、強調したいいことをサイトのタイトルから伝わるようにしてみると効果的です。」

 

≪訪問者が検索しているときに考えていること≫

まずは訪問者の視点に立ってみましょう。

「札幌 スープカレー」で検索している人は何を求めているのでしょうか。

もう行きつけのスープカレー屋さんがあるなら、その名前で検索しているはずです。

「札幌」、「スープカレー」と地名を入れて検索しているのであれば、札幌でどこか美味しいスープカレー屋さんがないか探しているのでしょう。

そう考えると、「札幌」、「スープカレー」で検索すると上位には口コミサイトやお勧めのスープカレー屋さんのランキングなどの一覧が来るべきです。

 

≪キーワードには訪問者の目的が込められている≫

またさらに別の例で考えてみます。

「税理士」に関連するキーワードで良く検索されている一覧を見てみて下さい。

zeirishi
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「税理士試験」などは税理士になりたいと思っている人が検索しているキーワードですね。

つまり、「税理士」で検索している人は税理士を探している人よりも、「税理士」を目指している人の方が多く割合をしみている可能性があるということです。

すべての検索には訪問者の目的が込められています。

自分のサイトの訪問者がどんな目的を持って、どんなキーワードで検索しているのかを考えるところからSEOは始まってくるわけです。

 

 



 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ