関連機器

ユーザビリティの基本をマスターする

スポンサードリンク





≪ユーザビリティの基本≫

 

WEBサイトを作るのであれば、その「目的」をあらかじめ定めておかなければなりません。

訪問してくれたユーザーが適切な情報をストレスなく取得し、目的地にスムーズに到着してもらうことが重要です。

訪れてくれたユーザーがあなたのWEBサイトでいい経験が出来れば、結果として自身のサービスや製品に対しても良い印象をもってもらえるようになります。

そのためにはまずWEBサイトのユーザビリティについて理解しなければなりません。

 

〇ユーザビリティとは何か

ユーザビリティはごく簡単に言えば、インターフェイスの使い勝手を示す言葉です。

 

・ユーザーが指定された目標を達成するうえでの正確さや安全性が十分であるか。

・ユーザーが目標を達成するための作業をいかに効率化させるか。

・製品を使用する際に不快感なく満足度が高いか。

 

これらをWEBサイトであてはめて考えると、サイトに訪れた人が目的の情報にいかに早く、正確に、不快感なくたどり着けるか。

それらが重要になってきます。

今のトレンドとしてのユーザビリティは、ユーザーの不快感を限りなくゼロに近づける。

この本質的なユーザビリティと、リッチユーザーインターフェイスによるユーザーの満足度の向上を目的にした「付加価値」によるユーザビリティの2つに分かれます。

いずれにしても、いかにユーザー目線でサイトの設計や構築を行うかが重要で、これがWEBサイトを制作するうえでも欠かせない要素になっています。

 

≪TOPページのユーザビリティ≫

検索エンジンンの進化によって、ユーザーはいきなりTOPページ以外のページに直接アクセスすることもできるようになりました 。

しかし、それでもTOPページというのは多くのユーザーが初めに訪れる重要なページであることに変わりはありません。

なので、まずとっかかりとしては、「TOPページ」にユーザーが訪れた時に、「すぐに何のサイトだか理解できる作り」にしていくのが大切ですね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ