関連機器

ワードプレス(WordPress)のインストール方法

スポンサードリンク





ワードプレスを利用するには「ドメイン」と「レンタルサーバ」が必要です。

ドメインというのはインターネット上の「住所」。

サーバーは家を建てるための「土地」のようなものです。

 

≪ワードプレスを始めるために必要なもの≫

ワードプレスだけに限った話ではありませんが、ホームページを作るには・・・

 

1.「ドメイン」が必要

ドメインとはURLで言うと「http://〇〇〇.com」の「〇〇〇」の部分を言います。

ドメインは必ずしも独自である必要はありませんが、どうせ作るなら「自分だけ」のオリジナルなドメインを利用した方がメリットが多く得られるでしょう

 

2.サーバーが必要

レンタルサーバーは家を建てるための土地のようなもので、ワードプレスをインストールする場所になります。

レンタルサーバは安いものであれば月500円もかからずに使用することが出来ます。

 

≪ワードプレスを最も簡単にインストールする方法≫

ワードプレスはインストール方法が複数あり、通常のインストール方法はやや複雑です。

しかし、「ムームードメイン」と「ロリポップサーバー」を組み合わせることで、かなり簡単にインストールすることが出来ます。

この2つを組み合わせると、初心者にとっては難解なネームサーバーの設定非常に簡単に行うことが出来ます。

さらに、ロリポップにはワードプレスを自動でインストールする機能にも対応しています。

ワードプレスを開始するまでの作業を圧倒的に簡略化することができるのです。

 

1.ムームードメインでドメインを取得する

まずはこちらにアクセスします。

すると、ドメインの検索窓がありますので、取得したいドメイン名で検索しましょう。

取得可能なドメイン名には「取得できます」ボタンがあるので、クリックします。

続いて、ムームードメインの利用が初めての場合は、アカウント登録を行います。

DNSを選択する画面では「ロリポップのDNS」を選んでおきます。

最後に登録情報を確認し、申込みを確定しましょう。

申込みが確定すると案内のメールが届きます。

届いたメールのログインURLをクリックし、コントロールパネルにログインできるか試してみましょう。

mumu
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ロリポップでレンタルサーバをレンタルする

ロリポップは低価格なレンタルサーバの老舗です。

現在では100万人以上のユーザーが利用しています。

まずはこちらからロリポップのページにアクセスします。

ワードプレスの運用では「」ロリポプランで十分なので、そちらで契約しておきましょう。

※もちろんヘビーに使いたいならチカッパプランなどでも構いません。

画面にしたがってお申込みを完了させます。

申込みが完了するとロリポップからメールが届きます。

続いて、メールに書いてあるアカウント、パスワードでユーザー専用ページへログインします。

すると左のメニューバーに「独自ドメインの設定」がありますので、そこからムームードメインで取得したドメインを設定しましょう。

設定が終わったら、

簡単インストール⇒ワードプレスと進んで、インストールURLやサイトタイトルなどを埋めて、インストールしましょう。

サイトタイトル、ユーザー名、パスワードは任意で決めることが出来ますので、お好きなものに設定しても大丈夫です。

これでワードプレスのインストールまでが完了になります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ