関連機器

【すぐにでも使えるコピーライティングのテクニック】

スポンサードリンク





今日は今すぐにでも使えるコピーライティングのテクニックについてのお話しです。

コピーライティングとは簡単に言うと「モノを売るための文章テクニック」です。

インターネットビジネスで成功するにはコピーの力は絶対に必要です。

そして、そのコピーライティングテクニックを駆使して作成するのが

セールスレターというものです。

 

セールスレターとは1枚のみで成約するWEBページの事です。

 

☆売れるセールスレターの構成について☆

セールスレターとは24時間公開しているお店のようなものです。、

しかし、お店があっても人がこなければ意味がありません。

つまり、アクセスが無ければそのページは存在しないのと何ら変わりないということです。

 

存在するサイトにするためには何としてもアクセスを集める必要があります。

セールスレターの場合、接客してくれる店員が24時間存在すると同じようようなものです。

つまり、他の通常のホームページとは構造が全く異なります。

 

セールスレターでは、

「なぜ、この価格なのか」

「なぜ、限定なのか」

「なぜ、この商品を売るに至ったのか」

 

などの「なぜ」を解決する「つじつまを合わせる」ということを考えることが最重要の要素になります。

この「つじつま」が少しでも合っていないと、訪問してくれても絶対に購入はしてくれないということです。

 

 

☆精読率が向上する読みたくなる文章テクニック☆

自分に置き換えて考えてみて下さい。

あなたが、必ず読むメールは誰から来たものでしょうか。

おそらく、それは自分宛に家族や友人などの親しい間柄の人から来たメールではないかと思います。

 

それとは逆に、自分宛のメールでもその内容がダイレクトメールのようなものでは、開きもしない場合がほとんどだと思います。

こうして人は自分宛てに来ているかどうかで無意識的に自分にとって必要な情報なのか、そうでないのかを判断しています。

 

ということはセールスレターを書く場合でも、

「この文章は自分のために書かれているんじゃないか?」と感じられるくらいにターゲットを絞って文章を書くと、

精読率を向上させることができます。

 

しっかりと読んで欲しいのであれば、ラブレターを書くような勢いでターゲットを明確にした文章を書く必要があります。

 

しかし、

「ターゲットを一人にまで絞ったら、その他の大勢の人に売れないのではないか?」

 

という不安を抱くかも知れませんが、ご安心下さい。

決してそんなことはありません。

 

逆に絞り込めば絞り込むほど、色々な人が興味を持って見てくれるようになります。

 

抽象的で誰にでも当てはまるようなことを言っている文章よりも、もっと属性が限定された文章の方が気になりますよね。

 

ターゲットをどんな人なのか出来る限り明確にイメージして、この人に使って欲しい・薦めたいというところまで属性を絞ると効果的です。

 

 

★★本日のまとめ★★

・セールスレターとは販売ページ。あなたが寝ている間も24時間販売してくれる店員さん。

・レターはつじつまを合わせることが重要。

・なぜ、薦めたいのか。なぜ、この価格なのか。なぜ、限定なのか明記する。

・レターは一人の相手に伝える文章なので、ターゲットは一人まで絞り込む

・読み手には自分の一人ために書かれた文章だと思わせるように工夫しましょう。

 

—————————————–

semi

 

ほんの少しでも面白いと思ったら1クリック応援お願いします♪


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ