関連機器

初心者でもWordPressでコーポ―レートサイトを作れるおすすめテーマ

スポンサードリンク





比較的小さな会社だったり、立ち上げたばかりの会社の場合はまだホーム―ページを持っていないというところも少なくありません。

しかし、ホームページを持っているかどうかというのは「信用」にも大きくかかわってくる事です。

名刺などを交換したとして、会社の名前を書いてあるのに、後からググってみるとその会社のホームページがなかったりしたら一気に信用度が下がることでしょう。

そんな時はWordPressであれば限りなく敷居が低く、初心者でも一人で作り上げてしまうことが出来るのでオススメです。

WordPressはカスタマイズ性がもとから高い上に、テンプレートを導入することによってどんなジャンルのホームページでも作っていくことが出来ます。

もちろん、ここで言うコーポレートサイトなどに関しても可能です。

普通にWEBサイト制作会社などに外注すると確かに見栄えは良いものが上がってくるかとは思いますが、時間もかかる上に何十~何百万と外注費もかかります。

その点WordPressであればドメイン費、サーバー代、テンプレート代程度で済みますのでかかっても数万円で作ることが出来ます。

個人でかつ初心者でも安く作れるというのが大きなメリットになってきます。

 

もしもインストール方法がわからないという場合は以下にインストール方法をまとめていますのでご覧下さい。

ワードプレス(WordPress)のインストール方法

 

また、WordPressでサイトを作り上げるところまでの基礎講座も用意していますのでよろしければこちらもチェックしてみて下さい。

WordPressサイト構築基礎講座(無料)

 

コーポ―レートサイトに使えるおすすめWordPressテーマ

というわけで今日も前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

テンプレートさえしっかりしたものを選べば後は比較的楽にコーポレートサイトは作れます。

特に初心者にもお勧めできるように以下の観点に絞って使いやすく、機能も充実したテーマを厳選してチョイスしました。

 

・使い勝手が良くカスタマイズしやすいこと

・価格が安いこと

・デザイン性が高いこと

 

これらの観点からランキング形式で紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

pics3670

1位 WordPressテーマ「Precious (tcd019)」

 

image_980x400

1位となったのはPreciousというWordPressテーマになりました。

テンプレートをインストールするだけでコーポレートサイトとして最適なスタイリッシュなデザインを実現することが可能になります。

また、自社で製品を取り扱っている場合は、フェードスライダーを使用した見栄えのいい商品一覧ページも使えるので用途の幅も広くなっています。

もちろん、商品の紹介にとどまらず、会社情報を手軽に作成したり、Googleマップの表示も可能なっています。

デザイン性を追求しつつも、コーポレートサイトとして必要な機能は全て揃っている正に「全部入り」の超優秀なテーマです。

別途当サイトで個別にレビューしている記事もあるのでそちらもよかったら参考程度にご覧下さい。

当サイトのレビューはこちら

詳細やデモサイトは下記バナーよりチェックしてみて下さい。

 

WordPressテーマ「Precious (tcd019)」

 

pics3669

2位 WordPressテーマ「Corporate (TCD011)」

corporate_head

2位となったのはCorporateというWordPressテーマです。

テーマの名前がコーポレートというだけあって企業に特化したハイクォリティなWordPressテーマに仕上がっています。

こちらは1位のPreciousと比べると若干おとなしいデザインとなります。

なので目を引くデザイン性よりは堅実さや誠実さをメインのイメージとして全体的に強すぎない調和がとれている企業サイトを作りたい場合はこちらがいいでしょう。

大型のコンテンツスライダーも搭載していますし、商品PRメニューや独自機能も充実しています。

詳細やデモサイトは下記バナーよりチェックしてみて下さい。

 

WordPressテーマ「Corporate (TCD011)」

 

 

pics3666

3位 WordPressテーマ「Dynamic(TCD009)」

image_1000x500

 

3位となったのがWordPressテーマDynamicです。

こちらはこれまでの1位や2位のテーマと比べると比較的大型のサイトに向いているテーマです。

なので情報量を出来るだけ大目に入れ込んだサイトに仕上げたいという場合はこのテーマが最適となります。

特に自社の製品を数多く持っている場合はその商品の販売につなげることも出来ますし、それと同時にブログもセットで作っていくことも出来るようなイメージとなります。

広告スペースも特徴的ですし、目立つところにスタイリッシュなコンテンツスライダーを表示させることも可能です。

詳細やデモサイトは下記バナーよりチェックしてみて下さい。

 
WordPressテーマ「Dynamic (TCD009)」

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回はあくまでコープレートサイトを作る上でのオススメテンプレートを紹介していきました。

どのテーマもそれぞれの良さがありますので、迷われるかと思いますが、デモサイトを一度くまなくチェックしてみるとイメージが付きやすいのでオススメです。

 

最近の人気の記事

 WordPressにアクセスが集まらない時の対処法

アメブロビズ3(Ameblobiz3)の口コミ比較レビューと特典

初心者でも失敗しない!おすすめレンタルサーバー比較レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ