関連機器

SEO的にはサイト記事の文字数は多ければ多いほど有利?

スポンサードリンク





SEOに強いサイトというのは「コンテンツ」が充実しているサイトであると一般的には言われております。

コンテンツが充実しているというと色々な解釈が出来ると思います。

例えば、文字数が多いことや、記事がオリジナルであり、読んだ人のためになるような内容となっていることなどが考えられるかと思います。

ここでいう文字数なのですが、本来は多ければ多いほど評価されてしかるべきかと思います。

しかし、無制限に文字数を多くすればそれだけSEOに強いのかどうか。

その辺も抑えておかないと、せっかくたくさんの文字数で記事を書いてもかえって逆効果ということにもなりかねません。

ということで本日はサイト記事の文字数は多ければ多いほどいいのかどうか。

ということについて一考察しようと思います。

120
 

1ページ内の文字数はどのくらいが適切なのか

最近は昔と比べると1ページ内の最適な文字数は比較的多くなってきています。

昔は500〜700文字くらいでも特別問題はなかったのですが、今では検索結果の1ページ目に出てくるのを基準に考えると最低でも1000文字以上はあったほうがいいというのが目安になってきています。

最低でも1000文字ですので、出来ることなら1500文字前後あるのが理想と言えます。

そしてその次に有利なのが600〜700文字ほどの文字数と言われております。

 

ページ内の文字数は多ければ多いほど有利なのか

本日の本題とも言える「文字数は多ければ多いほど有利なのか」ということですが、結論から言うと「文字数が多すぎるのは逆効果」です。

先程は1500文字前後が理想とお話しました。

しかし実は2000文字を超えてくると、次第に1ページ目に表示される確率が下がってくるのです。

そしてなんと3000文字を超えるとほとんど上位表示される可能性がなくなるという結果になっております。

 

文字数が多くなってしまった時の対策

ついついブログやホームページの文字数を書きすぎてしまった!ということは運営者にとっては有り得る話だと思います。

そういう時にそのままアップしてしまうと仮にその文字数が3000文字ほどあったとすると、せっかくたくさん気合をいれて記事を書いたのに、上位表示されづらくなってしまいます。

ですので、対策方法としては「記事分割」することをおすすめします。

その記事の中で別記事として分けられそうであれば、1500文字づつくらいに分けて別の記事としてアップします。

また、もし別記事として出せるほど区切りのいいところがないのであれば、「続きは後編へ」といったようにして前編後編の構成にしてリンクを貼るようにしましょう。

そうしたほうが、記事も無駄になりません。

 

まとめ

というわけで、まとめとしては「SEO的に文字数は多ければ多いほど有利というわけではない」ということになります。

文字数はもちろん、文章の読みやすさや内容の充実度もGoogleは見抜いてきます。

そういったところにももちろん気を使って本当に強いホームページを作っていきましょう。

 
WordPress実践型メール講座で楽しみながら稼げるサイトを構築しませんか?
WordPressの実践型無料メール講座好評配信中です。

1日1通届く講座でわかりやすくWordPressを使ったホームページ作りについて学べます。

また初心者でもわかりやすいように動画もふんだんに使った講座となっております。

無料で一気にホームページを作ってみたいかたはぜひこちらから登録してみてくださいね。

 

 

TOPICS用バナーのコピー

 

 
 リツイートを超効率的にできるツールを無料でプレゼント中
記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

今回この記事を読んで頂いているあなた限定でこのリツイートを超効率的にできるTwitterツールを「無料」でプレゼントしようと思います。

集客にも非常に役立つツールとなっております。

完全に無料で使えるツールなので、よかったら受け取ってくださいね。

ツールは下記画像のリンク先から入手できます。

 

トレンドリツイートバナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ